« 覇気を出せ! | トップページ | ビヨンド&新ボール »

2005年7月 4日 (月)

祝 長嶋監督復帰

 昨日、長嶋さんが久々に野球ファンの前に姿を現してくれた。まるで御前試合のように、ドーム球場全体が異様な雰囲気に包まれていたようです。私は、長嶋現役を知る最後の世代ですので、感慨もひとしおでした。

 長嶋さんがサインをする時によく「野球とは人生そのものだ」と添書きをされています。私は長嶋さんのように野球を突き詰めたわけではないですが、「うん!そうだよなぁ~」って感じるものがあります。小学校から野球を始め、中学・高校・大学と続け、子どもが小学生になった時にまたコーチとして野球を始め、今は中学生クラブのコーチとしてお手伝いをしていますが、何故こんなにのめり込んじゃったのか、何故辞められないのでしょうか?

 そうなんです、野球は「ドラマティック」なのです。長嶋さんの言葉にすると「人生そのもの」なのです。

 勝負事ですから勝ち負けは付き物、その勝負の中にいろんなドラマがあります。打者対バッテリーとの駆け引きから始まって、ひとつの小さなプレーが試合の流れ、大会の流れを決定付けることだってあります。また、たった一つのエラーから、10点差を逆転することだってありますし、9回2アウトまでノーヒットノーランで抑えていても負けてしまうこともあります。また、ひとりで戦っているわけではないので、すべて自分の力だけで試合を決められないことも「人生そのもの」かもしれません。

 「勝利の女神が微笑む」とか「甲子園には魔物が棲んでいる」とか言いますが、本当にそう思えることが、多々ありますが、「女神」に好かれ「魔物」に嫌われるように、練習あるのみ?それとも神頼み?

|

« 覇気を出せ! | トップページ | ビヨンド&新ボール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118697/4821555

この記事へのトラックバック一覧です: 祝 長嶋監督復帰:

« 覇気を出せ! | トップページ | ビヨンド&新ボール »