« 完全制覇達成! | トップページ | 成長するための条件は何? »

2005年7月18日 (月)

激闘が続いた最後の大会

 昨日終えたトーナメント戦は、長い間戦ってきたチーム同士の集大成を競う連盟最後の大会でもあり、準々決勝あたりからは凄い試合が続きました。

 ベスト4を決めるある一戦をネット裏で観戦していたのですが、とても見ごたえのある劇的な試合となりました。結果的に勝ったチームのキャプテンはその日が誕生日だったそうで、他のメンバーもキャプテンの誕生日だから絶対に勝とうと盛り上っていたようです。

 まず、2点ビハインドで迎えた最終回、先頭打者ヒットで出塁、ノーアウト1塁で打者はそのチームのエースで4番のそのキャプテン。だれもが同点2ランHRを期待しましたが、あえなく凡退。もう負けかもしれないと思ったその直後、2年生バッターが起死回生同点HRで追いつきサドンデス突入となりました。

 延長サドンデスで表に3点取られて向かえた最後の攻撃、まず1点をとって尚ノーアウト満塁。ここで大きなセンター犠牲フライを放って2点目が入ったと思われたのですが、何と「三塁ランナーの離塁が早い」と相手からアピールが認められアウト。一気にツーアウト1・2塁となり、またもや絶体絶命かと思われました。

 でもここからも決して諦めないのは、やはり連盟最後の優勝旗を賭けての大会ならではだと思います。次のバッターも粘りに粘って四球を選びツーアウトながら満塁、そして迎えるバッターは2年生でした。2球目を打った当たりはライトの頭上を襲い、ギリギリで抜けて何と同点2ベース。かと思いきや、最後に四球で出たランナーは連盟1・2を争う俊足選手で、一気にホームイン、サヨナラ勝ちとなりました。

 このチームのキャプテンは、1年生の時から上級生チームに混じりレギュラー、現在はリーグの中でも飛びぬけて野球の上手な選手のひとりで、どちらかと言うとこのチームは彼のワンマンチームです。彼は、この大会中はケガもあったようですが、信じられないような不調が続いていました。でも、他の選手に助けられてこの劇的な勝利を得ることができたのです。試合終了時の整列で、彼は人目を憚らず大泣きをしていました。

 その後、彼と話す機会がありました。「俺の誕生日に、みんなから劇的な勝利をもらえたから、大泣きしちゃいましたよ」

 彼はこの1年間でキャプテンとして、野球以外でもきっと大きな成長を遂げたんだと思います。彼は高校へ行っても野球を続けるそうです。ずっと応援していきたい選手です。

|

« 完全制覇達成! | トップページ | 成長するための条件は何? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118697/5015374

この記事へのトラックバック一覧です: 激闘が続いた最後の大会:

« 完全制覇達成! | トップページ | 成長するための条件は何? »