« 激闘が続いた最後の大会 | トップページ | ヤクルト古田 »

2005年7月19日 (火)

成長するための条件は何?

 何度も書いていますが、中学生を教えていて毎年感じるのは、2年生から3年生の夏にかけての今の時期、目を見張る成長をする子が多くいます。

 多分、高校の3年間でも同じような成長時期があると思います。よく、甲子園夏の大会で「このチームは、大会期間中に大きく成長しました」などとコメントをなさる指導者や解説者のお話を聞くことがあります。昨年の駒大苫小牧高校の優勝などは、まさにこの言葉がピッタリ当てはまるものだったと感じています。

 この時期の成長は、体力的なこともさることながら、やはりそのチームでの「最後の戦い」に対する気持の影響が大きいのではないかと思っています。「負けたらもうおしまい」という懸命さが余計な邪念を押し退けて、今まで練習してきた成果を思い切り発揮できるのでしょう。毎日身体に染み付けてきたバッティング・フォームやピッチング・フォームが自然と試合でも出せることができるようになり、飛んできた打球に対しても余計な事を考えずにプレーできるようになるのです。

 我がチームは、先の週末に行われた連盟最後のトーナメント大会に優勝することができましたが、うちの3年生の成長振りにも大変驚かされました。それまでは、投手力だけで勝ってきたチームでしたが、準々決勝以降の3試合だけでホームラン6本を叩き出し、全試合で失策ゼロという快挙を成し遂げました。今まででは考えられない数字です。

 それより何より嬉しかったことは、今まで控えでいることが多かった子を決勝戦で先発で起用し、その子が実質的に試合を決める大活躍をしたことです。たとえベンチで試合を見ていても、ただ座っていただけじゃなく、「みんなと一丸となって戦っていたんだ」と思うと涙が出そうでした。

|

« 激闘が続いた最後の大会 | トップページ | ヤクルト古田 »

コメント

さんまです。
よろしくお願いします。

ベンチに座っていても,集中力を切らさずにチャンスをもらった時に結果を出せる。愚息もそんな選手になってもらいたいです。
夏休みの間の練習試合等のスケジュールが示されたのですが,怪我をしてしまったので,ベンチから声を出したり,積極的にベースコーチをしたり,出来る範囲で試合に参加してもらいたいです。

投稿: さんま | 2005年7月19日 (火) 13時55分

努力は必ず報われると信じています。
息子はこの夏、地域の地方遠征選抜メンバーに応募しました。この遠征はかなりマジなので、凄い練習をします。夏休みになったら、休み無しで炎天下に4時間練習が予定されています。この練習、遠征を乗り切った時、大きく成長してくれるのではないかと期待しています。

投稿: 星 十徹 | 2005年7月19日 (火) 15時46分

さんまさん、コメントありがとうございます。

「野球がしたくても出来ない」状況は、他の選手が得られないきっと何かを得ることができると思います。是非、前向きに頑張って下さい。

投稿: 少年野球コーチ | 2005年7月19日 (火) 18時30分

星さん

絶対に練習は嘘をつきません。星さんも仰っていたように「継続は力」です。
うちのチームも、この週末から合宿です。朝から思いっきり野球しまくりです。

投稿: 少年野球コーチ | 2005年7月19日 (火) 18時36分

少年野球コーチさん、こんばんは。
いつも楽しく拝見させて頂いております。
子供のどこかに火をつけて熱くさせる。
こんな指導もあるのでしょうが、
子供自身から燃え上がって、灰になるまで燃え尽きようとする。
こんな事されたら、泣き出しそうになりますよね。
じゃ指導者いらなかったの?最初から自分でできたんじゃない?二人三脚じゃなかったのかーい^^
中学生と小学生の違いはあっても、子供から受ける感動は、お金には代えられない至福の喜びですね。
また遊びに来ます!

投稿: metoo | 2005年7月28日 (木) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118697/5047590

この記事へのトラックバック一覧です: 成長するための条件は何?:

« 激闘が続いた最後の大会 | トップページ | ヤクルト古田 »