« 予想外の敗因 | トップページ | 3年生引退式 & ??? »

2005年9月20日 (火)

リズムをつくる捕手の役割

 野球に限らずどんな競技でも、あるいは人間のあらゆる営みにはよい「リズム」は欠かせません。

 昨日、息子の高校野球(秋季新人戦2回戦)を観戦してきたのですが、このリズムの大切さ、そしてよいリズムをつくるキャッチャーの役割がいかに重要かを痛感しました。

 息子の高校の相手は、甲子園出場こそはないもののスポーツ推薦で選手を集め、夏は甲子園常連校を破って上位進出を果たし、最近力をつけてきた学校。試合前のシートノックを見ても、明らかに力は相手が上でした。

 息子の学校も、新チームとなってからはわりと好調が続いており、打線に力強さはないものの投手力を軸として、守りで勝つ野球です。ですから、この力上位校に勝つためには先手を取り、少ない点差で勝つことが必要でした。

 両校の先発投手は、初戦ということもあってか制球がなかなか定まりません。特に相手投手は四球が多く、キャッチャーは相当苦労していました。それでも、指が掛かり気味で外角へ外れることが多かったエースを、スライダーを交えたり、内角へ極端jに構えながら、何とか騙しだまし6回まで投げさせる好リードでした。

 一方、我が方はやはり今ひとつリズムに乗れず、簡単にツーアウトをとった後に四球&長打で得点をとられたりしていました。ピッチャーがキャッチャーのサインに首を振る場面が多く見られ、バッテリーのコンビネーションは最悪。ネット裏で見ていても、昨日はカウントを整える球はカーブで、ピッチャーもその球を投げたがっているのは明らかでしたが、何故か要所ではストレートのサインばかり。点差が2点と拡がって、尚ツーアウト満塁のピンチでカウントノースリーの場面。ピッチャーはキャッチャーのサインに全部首を振って、全てカーブで三振をとったシーンがありましたが、この試合の象徴的なシーンでした。

 2点差のまま試合は終盤に入ったのですが、このリズムの悪さは攻撃にも現れ、無死1・2塁でサードゴロ併殺、ヒットエンドランでライナー併殺、スクイズ失敗・・・拙攻が続きました。

 7回から双方投手交代となったのですが、相手はリズムを取り戻し7・8回と無失点。こちらは、リリーフ投手(1年生)にもサインに首を振られる始末。もう結果は明らかでした。8回に7・8回に一挙5点を入れられ、9-2のコールド負けとなってしまいました。

 試合内容からすれば、決してコールドになるような感じではなかったのですが、終盤は選手の気持が切れてしまっていました。そもそも守り勝つチームで、試合のリズムも守りをテンポよく切り抜けて、攻撃につなげるのが勝ちパターンのはずでしたが、投球のリズムを整えられないまま試合が終わってしまいました。

 奇しくも両校は、捕手が主将で4番でした。相手捕手は3安打2打点(1三塁打)の大活躍。守りでの投手リードも見事でしたが、打撃でもリズムを作ることができた正に主将の働きを見せていました。

 ---------------

 西武松坂投手が昨日も完封、9月に入ってから点数を取られていないそうです。そんな彼の好調の一因は、細川捕手とのコンビネーション、松坂は捕手のサインに殆ど首を振らなくなったそうです。

banner

“一球入魂”お願いします

|

« 予想外の敗因 | トップページ | 3年生引退式 & ??? »

コメント

残念な結果でしたね。
でも、来春に向けていい課題ができたのでしょう。

昨日、我々のチームの捕手は、不調が続いていたエースでした。声を出して守備位置を指示し、盗塁も2回刺してピンチ
を救ってくれました。
エースとしての信頼は欠けてしまいましたが、捕手として
信頼感を取り戻してくれました。

捕手の一挙手一投足がチームに与える影響は大きいですね。

投稿: 星 十徹 | 2005年9月20日 (火) 10時27分

★星さん、こんにちは。

うちのチームでも捕手には大きな役割を持たせています。守りの時にはほぼ全権を与えていますが、ちゃんと出来るようになるのは3年生になってから。それまでは、試合前後にクドクドと話して聞かせてやっています。
そんなコーチのお小言にも耳を傾けられる我慢強さもキャッチャーの資質ですね。

投稿: 少年野球コーチ | 2005年9月20日 (火) 12時06分

捕手がつくるリズム・・・
長男小4の先日の試合(同点「抽選」負け)でも・・・

長男が出すサインでピッチャーが牽制。
ピッチャーくんは牽制が「上手」ですので、それはそれで「武器」なのですが、長男サイン出しすぎ。
ピッチャーくんのデキがいいのであれば別の話なんでしょうが、この日のピッチャーくんのデキはイマイチ。
「牽制」させすぎると打者に集中できません。
しかも2アウトなのに牽制ばっかさせる我が長男。
大きく試合を見る能力に欠けてます。目先のピンチをしのぐことばかり。
「野球脳」がまだまだ未熟なのです・・・

というように"バカ捕手"では投手は大変だ・・・というエピソードでした。

投稿: さとる | 2005年9月20日 (火) 12時45分

少年野球コーチさん、こんにちは。

連日の試合お疲れ様です。

キャッチャーでピッチャーのできが大きく変わります。
良いキャッチャーにめぐり合えると「普通のピッチャーがいいピッチャー」に変わりますよね。

投稿: リベラ | 2005年9月20日 (火) 14時50分

次男が捕手をするようになり,皆さんのご意見を読むにつけ捕手は大変・・・と感じる今日この頃です。試合展開を読んで,リズムを作り出せる守備や指示が出せるような捕手になると,また違った野球の楽しみ方が出来るのでしょうね。

投稿: さんま | 2005年9月20日 (火) 16時28分

残念な結果になりましたけど。多分いいお土産が持って帰れたかな?って感じです「相手がこういう事をやっていたからうちらもそうしよう!」試合で得たものは大きいと思います。
うちらのチームもバスで遠征したりして研究する事もありますしね♪いい経験だったんじゃないかな?って思います。

(僕が言う立場ではありませんけどww)

投稿: ミハイルVS鯵 | 2005年9月20日 (火) 21時52分

少年野球コーチさん、こんばんは。
中学から変化球が入るとバッテリーの呼吸が課題なんですね。
よく監督から1球1球サインを出すチームを小学生でも見かけますが、捕手に任せる野球がベストの少年野球だと思います。
新たな課題をバッテリーでどう克服するか、楽しみですね。

投稿: metoo | 2005年9月20日 (火) 23時07分

★さとるさん、ありがとうございました。

捕手の財産は試合経験です。これから試合をこなしていけば、自然といろいろ身につきますよ。今はとにかく、元気よく大声出せればいいんじゃないでしょうか?

投稿: 少年野球コーチ | 2005年9月21日 (水) 08時15分

★リベラさん、ありがとうございます。

抑えれば投手の功績、打たれれば捕手の責任・・・今年の巨人阿部は可哀想でしたけど、古田ならミセリあたりでもちゃんと「中継ぎ・抑え」として投げさせられたかもしれませんね。

投稿: 少年野球コーチ | 2005年9月21日 (水) 08時26分

★さんまさん、ありがとうございます。

「捕手は大変」ですけど、絶対面白いポジションです。でも、息子さんの学年で「試合展開を読む」「リズムをつくる」なんてまだ考えなくてもいいんじゃないでしょうか?まずは、後ろに逸らさないことと、強い球を投げれるようにすることですよね。

投稿: 少年野球コーチ | 2005年9月21日 (水) 08時32分

★ミハイルくん、ありがとうございます。

敗因は捕手だけじゃないんですけど、どうしてもバッテリーに目線がいってしまうので・・・。
中学のコーチやめて、息子の高校へ行って教えたくなりましたよ。あぁ~、イライラする。

投稿: 少年野球コーチ | 2005年9月21日 (水) 08時37分

★metooさん、ありがとうございます。

息子の高校なのですが、「オレだったらこういうふうにチームを作るのに」とか、「普段、何を練習させているんだ?」とかイライラしっ放しでした。
例えば、息子のバッティングなどは、もう私が見てやる機会がないのですが、今のフォームは滅茶苦茶。まともにバット振れていません。最後の野球なので、このオフシーズンはみっちり教え直そうと思っています。

投稿: 少年野球コーチ | 2005年9月21日 (水) 08時43分

少年野球コーチさんはじめまして。
題名とは全く関係ないのですが、指導者をされている立場
の方のご意見を伺いたくて、すみません、勝手に書き込みさせて戴きました。

私の息子の所属する少年野球チーム(学童)は、県内でも名の通ったチームで、常勝を義務付けられています。
ところが、昨今の少子化から入団希望者も減り、団員も少なくなり、学年ごとで1チーム出来ません。

その年の子供達の資質もあるかも知れませんが、昨年は県大会はおろか、地区予選でも勝つことが出来ず、不甲斐無い試合内容に指導者が怒って帰ってしまうことも度々ありました。(さすがに公式戦ではありませんでしたが)そんな時、6年生の親と子供達は、指導者の家に謝りに何度も出向いたなどの話を聞いています。

そう行った事も踏まえて、今年の6年生の母集団の団長さんは
、応援グッズを作ったり、自チームのHPに試合前に必ず激を
入れる内容の書込みを行なったり、子供達に過去の優勝メダルやトロフィーなどを見せたりしながら、勝つって楽しいよ~!みんなで一致団結しようみたいな雰囲気作りを行なって来ました。


親達の雰囲気も変わり、一致団結熱~い声援をおくる様になりました。だからといってそれだけで、一昨年までの様に強くなったとは思っていませんでしたが、ある飲み会の席で、指導者から「勝ちたいと思う気持は自分と子供だけでいい。親は勝ちたいと思うな。ボランティアで指導している俺の気持にもなってみろ、あのHPへの複数の親達の書込みは俺へのプレッシャーだ。他チームからもお宅のチームの親は異常だと言われている云々・・・。」などの言葉を聞きました。

その言葉は、父兄たちの間で賛否両論ありましたが、HPの書込みを見ても他チームの書込みとさほど大差なく、応援グッズも県大会などでは普通の事で、団長以下盛り上げて来た親達は意気消沈。子供達の前での発言でもあったので、尚更・・・。
相手のチームも力をつけてきたからなのでしょうが、その発言を聞いて以降、不思議な事に「優勝」は無くなりました。

少年野球コーチさんは、中学生の指導者ですが、同じ指導者の立場として親のかかわり方どの様にお考えでしょうか。親のかかわり方難しいです。もうすぐ、次年度の引継ぎがあり母集団の中心も我が子の学年へと変わります。

身勝手な質問と書込みお許し下さい。    チッチ

投稿: チッチ | 2005年9月21日 (水) 11時01分

★チッチさん、ありがとうございます。

たまたま今日のエントリーでうちのご父兄の皆さんの事を少し書かせて頂きました。

もちろん、学年によってはご父兄の熱意が低い年代もありますが、やはりご父兄の応援が多い学年は必ずって言っていいほど良い成績を残せています。これは多分、他のチームを見てても一緒のような気がします。

ひとつだけチッチさんのチームとうちが違うことは、もしかしたら「勝利」だけにこだわっていない事かもしれません。うちは軟式なので、子どもも親御さんもシニアのように“懸命”に野球にかかわっていないんです。懸命にかかわっていないと言ったら御幣があるかもしれませんが、要は応援すること自体が楽しい、ワイワイやることが楽しいみたいです。でも、結局「勝つこと」が一番楽しいので、みんなそのために懸命になる・・・という順番のような気がします。

うちの監督の強いお達しで、コーチは「子どもに見返りを求めてはいけない」んです。全て態度で示せというのが方針です。「仕事休んで練習やってやる」とか「本当は忙しいんだぞ」とか・・・、我々の懸命さが自然と子どもがわからなければ強くなれないとの信念があります。ですから、仮に親御さんから「もっと強くしろ」ってプレッシャーがあったとしても、多分何にも感じないかもしれません。

あまりご質問の答えになっていませんが・・・、どんどん楽しく応援してあげたらよいと思いますよ。

投稿: 少年野球コーチ | 2005年9月21日 (水) 11時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118697/6028743

この記事へのトラックバック一覧です: リズムをつくる捕手の役割:

« 予想外の敗因 | トップページ | 3年生引退式 & ??? »