« 守りの「準備」 | トップページ | 区大会1回戦 »

2005年9月 2日 (金)

打撃の「準備」

 metooさんの先日のエントリー「あまい球 くさい球」を読み、子ども達のバッティングを見ていて普段感じていることを書いてみたいと思います。

 「好球必打」は打撃の鉄則です。特に野球のレベルが高くなればなるほど、打ちやすい「好球」がくる確率は低くなりますので、数少ない「好球」を逃さず「打ちにく」必要があります。たとえ小学生の野球であっても、高学年になると、なかなかど真ん中のストライクは来ません。

 うちの子ども達は、「ドンドン打っていこう!」と指示しても平気で初球ど真ん中を見逃しちゃいます。積極性が足りないのかなぁ~?とも思ったことがありますが、フリーバッティングの時でさえど真ん中を見逃す事があり、もう訳が分からなくなりました。・・・「好球」を選球することと「打ちにいく」ことの順番を間違えていたんです。

 ピッチャーが投球動作に入り、バッターが「打ちにいこう」とタイミングを取ります。ボールが向かってきます・・・、問題はこの時です。

 ①「いい球が来たから、打ちにいこう」 じゃないんです。

 ②「打ちにいったけど、ボール(打てない球)だから打つの止めよう」 が正解なのです。

 「なに当たり前の事言ってんの?」って話しかもしれませんが、よくど真ん中を見逃しちゃう子は①の考え方でバッティングをしてたりするんです。もちろん、①だったら振り遅れてしまうかもしれませんが、上手い子なら①でも振り遅れないで対応しちゃうんですね。また、子ども自身でも「自分は②で打っている」と思っていても、実は「①で対応」しちゃっている子がいるから厄介なのです。技術云々という事ではなく「気持」の問題、「打つ準備」なのです。

 ①の気持でバッターボックスに入っている子が多いのには驚きます。簡単そうに思えるのですが、バッティングを①から②に変えさせるのには案外苦労します。でもこれが出来たら、子どもにとっては結構「目からウロコ」のようで、見違えるように打ち始める子もいます。

banner

“一球入魂”お願いします

|

« 守りの「準備」 | トップページ | 区大会1回戦 »

コメント

うちのチーム、ランナーがいる場面に打席に立つと、ほぼ初球は「待て」 のサインが出るようです・・

ところが部活の顧問は「初球から行け!」 というタイプなんです。

指導者によって色んな考えがあるんですね。
私はベンチからの待球指示、あまり意味が無いのでは? と思いますね。

初球の甘いボールを、簡単に見逃す手はないと思います。

投稿: ドラ夫 | 2005年9月 2日 (金) 06時44分

ドラ夫さん、ありがとうございます。

うちは、初球に「待て」は出しませんが、明らかに送りバントだったり相手がスクイズ警戒している場面では、選手が自主的に“バントの構えをして揺さぶる”みたいな事が出来るように指導していますが・・・、サインを出さなくても、自分で考えて出来るまようになるまでには時間がかかります。

投稿: 少年野球コーチ | 2005年9月 2日 (金) 08時29分

我がチームの場合、どんなボールでも(大きく外れる球であってもです。)見逃す時は振りに行って止める・前の足を踏み込んで止めるを徹底しています。
最初は、意味も分らず子供たちはやっていましたが、守備の準備と同じでそれが当たり前になるんです。
出来るまでは、指導陣もヤーヤー言っていましたが、今は子供たちが出来ていない子にヤーヤー言っています。助かります。
でも、我がチームはあまり打てないんですが・・・・

投稿: 新米C監督 | 2005年9月 2日 (金) 08時32分

なるほど!と膝を叩きたい気分です。素人親父にはその辺の気持ちの問題が分っておりませんでした。早速息子らにアドバイスを偉そうにしたいと思います~♪

確かにタイミングを取らずにボールも最後まで見ずに見逃しをする子がいますね。

投稿: さんま | 2005年9月 2日 (金) 09時40分

新米C監督さん、こんにちは。

>見逃す時は振りに行って止める・前の足を踏み込んで止めるを徹底しています。
うちの子達はどういう風に教わってきてるんだかわかりませんが、どうも積極性がたりないんですよねぇ~。
それとも、小さいうちはそういう風に教わっていても、試合を経験するうちに「四球を選ぶ」ってことを覚えちゃって、「小ずるく」なっちゃううんですかね。
小学生のうちは、C監督さんのところみたいにバンバン打っていくのがいいと思うんですけどねぇ~。「考える野球」は中学で教えますから・・・

投稿: 少年野球コーチ | 2005年9月 2日 (金) 10時56分

さんまさん、ありがとうございます。

息子さん達にアドバイスされても、「そんなん、当たり前だよ」って言われる可能性大ですから・・・きっと。

恥ずかしいのですが白状しますと、自分はこの「打ちにいく」感覚を分かったのが高校生になってからなんです。ずっと②でやっているつもりだったんですが、微妙に①だったんですね。球を見極める方法が違うというか、上手く表現できないんですけど・・・、やはり気持の問題ですかね。(ゴメンナサイ)
因みに、その後は「打撃開眼」でしたよ。

投稿: 少年野球コーチ | 2005年9月 2日 (金) 11時06分

実は、子供たちの「声出しワード」の一つで、「フォアボールなんか、いらへんで!」
「フォアボールなんか、いらん・いらん!!」
っていうのが流行っています。


流行の仕掛け人は、私ですが・・・・

投稿: 新米C監督 | 2005年9月 2日 (金) 11時25分

「目からウロコ」っ感じで読ませて頂きました。
確かにそうですよね。
チームの子供にいるんですよ。どんなゆるいボールでも振り遅れる子(小2)が・・・
タイミングが分かっていないと思ってましたが、ひょっとして①のケースかも・・・
今度の練習で、言ってみようっと!

投稿: さとる | 2005年9月 2日 (金) 11時49分

新米C監督さん、いいですね!

中学の野球になると、あえてフルカウントにしたいような場面があり、カウント1-3の打者に向かって「ツースリーOKだからな」なんて声かけます。すると打者は安心して見送り、結局最後も見送り三振、なんてことあってがっかりします。たとえ見送るときでも、準備は怠ったらいけませんね。

投稿: 少年野球コーチ | 2005年9月 2日 (金) 12時41分

さとるさん、ありがとうございます。

②ができるようになったら、今度はボール球によく手を出すようになります。でも、ここで「ボール打っちゃだめ」と言っちゃうと、また①に戻っちゃうんですよね。

「ボール振らないようにするためにはどうするのかな?」
「選球眼を良くする!」
「違う違う、バットを速く振る練習するんだよ」
「えぇ~何で?」
・・・あとはお任せします。

投稿: 少年野球コーチ | 2005年9月 2日 (金) 12時49分

はじめまして
少年野球コーチさんの記事で息子の壁越えれそうな気がします。
学童時代は4番に凄い子が入っていたので出塁ばかり考えてました。
打席の気持ちが①になっているのだと思います。(私の認識不足です。)
学童から練習では、人がなげてもok・マシンでは150kでもジャストミートなのに試合になると今ひとつ差し込まれています。
自分自身、現役時代の気持ち忘れてました。

投稿: つよし | 2005年9月 2日 (金) 14時09分

つよしさん、はじめまして。

そうなってくれると嬉しいですね。うちの1年生は、まだ言っても理解してくれないというか、あまり変化がないんですよね。ですから、「原因違った」でもいいですから結果を教えて頂けませんか?

投稿: 少年野球コーチ | 2005年9月 2日 (金) 16時45分

「ボール振らないようにするためにはどうするのかな?」
「選球眼を良くする!」
「違う違う、バットを速く振る練習するんだよ」
これ、使わせていただきます。
著作権料は要らないですよね。

投稿: Skyboys広報 | 2005年9月 2日 (金) 23時51分

初めまして、アマ・審判員の日ノ本です。
審判講習会での富沢宏哉講師からの一言を…
「ストライク」は和訳すると「打つ」であり、「ストライク・ゾーン」は打てる範囲です。
きわどいコースを見逃して不満そうな選手には、「君なら打てる球だ!」と言い返していたそうです。
あまり広すぎるストライク・ゾーンも問題ですが、
アンパイア・日ノ本は、「見逃して悔いを残すなら打っていこう」、「四球を選ぶ野球より、打つほうが楽しい」そんなゲームになるような審判員を目指してます。
ただ…広く安定したストライクゾーンってのは難しいんですよね(笑)


投稿: 日ノ本 盛 | 2005年9月 3日 (土) 04時30分

おはようございます。
いい見逃し方ができる子供いませんか。
しっかり割れて、バットはトップに残ってる。
おっタイミングも合ってるし、こいつは行けるなぁ~
その反対ですよね。いい球打とうではなく、
次は打とう、次は待とう、そうじゃないんだ~
②ですよね、常に打ちに行って、スッと見逃せる。
いい打者は、実は四球も多いのが特徴ですね。

投稿: metoo | 2005年9月 3日 (土) 05時40分

Skyboys広報さん、ありがとうございます。

うちは相手投手が軟投タイプであまり球が速くないときは、「振り遅れて根っこで打つ感覚で」と指示します。最初は選手も戸惑いますが、少し解説してあげると納得します。でも、やっぱり引っ掛けちゃうんですね~。

著作権料はいりませんが、選手がどう反応してどう答えたかを教えて下さいね。

投稿: 少年野球コーチ | 2005年9月 3日 (土) 06時46分

日ノ本さん、ありがとうございます。

「Tベースボールクラブ」は今日試合ですね。私もT県とは仕事で縁があってよく行きますし、祖母もT出身です。勝ち進んで、是非「NOMOベースボールクラブ」と対戦できることを楽しみにしています。

投稿: 少年野球コーチ | 2005年9月 3日 (土) 06時55分

metooさん、ありがとうございます。

ベンチでいい見逃し方をしている相手選手を見ながら「この打者に打たれるゾ」とうちの選手に言いながら、その選手を見本にして教えたりします。

「ほら打たれただろ?」
「て言うか、コーチ逆転されたんですけど」
「ん~・・・、何?」

昨晩は徹夜ですか?

投稿: 少年野球コーチ | 2005年9月 3日 (土) 07時03分

昨晩、息子とこの件について話し合いしました。
最初は、クビ傾げてました。
「ボール球に手を出すな、追い込まれるまで変化球を打つな」のベンチ指示があるので無意識のうちに①になると説明しました。
また、「練習時やマシン打ちの時は打ちに行く気持ちが先行するので、しっかり自分のバッティングが出来るのでは」と。
考えてから始動するのでは1ポイント遅れますよね!
明日、好投手と噂のあるチームと練習試合あります。きっと好結果出ると思います。

投稿: つよし | 2005年9月 3日 (土) 14時09分

つよしさん、ありがとうございます。

明日の練習試合でよい結果がでると私も嬉しいのですが・・・、是非頑張って下さいね。多分、ちょっとしたキッカケなんですけどねぇ~。ボール打ちや空振りを恐れず、回りも最初は目をつぶって上げたらいいんですけどね・・・。

投稿: 少年野球コーチ | 2005年9月 3日 (土) 16時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118697/5738367

この記事へのトラックバック一覧です: 打撃の「準備」:

» あまい球 くさい球 [少年野球BLOG]
子供達に宿題を出しました。 野球では専門用語がいくつかあります。 「あまい球とくさい球、さぁなんでしょう?」 高学年の子供達は大体知っていますが、低学年の子供達には楽しい問題でした。 家に帰ってお父さんに聞いて家族で楽しんでもいいでしょうし、自分で考えてき..... [続きを読む]

受信: 2005年9月 2日 (金) 20時39分

« 守りの「準備」 | トップページ | 区大会1回戦 »