« メジャーリーグ・マニア | トップページ | 強い!阪神 »

2005年9月29日 (木)

中学軟式野球の“捕手論”

 あたりまえのことですが、野球では捕手の役割が非常に大切だと思っています。しかし、中学の軟式野球レベルでは、相手選手のことをすべて研究しているわけでもありませんし、投手が多彩な変化球を投げられるわけではありませんので、1球1球配球に神経を尖らしているわけではありません。また、その必要もないでしょう。

 それでも、たとえ中学軟式野球レベルであっても、捕手の出来・不出来は試合の勝敗を左右することだと考えていますし、強いチームは例外なく捕手がしっかりしています。

 私がチームでキャッチャーを選ぶ一番重要なポイントは、「常に冷静でいられるか」ということです。

 先日も1点を争う競った試合があったのですが、我がチームのピンチで捕手が「冷静でいれるかどうか」、正に試されるような展開でした。

 試合は1-0のまま終盤、うちがかろうじてリードしていました。しかし、最終回に味方のエラーで2アウトながらランナー2・3塁という場面となり、緊張はピークに近づいていました。相手も、一気に同点あるいは逆転を狙ってベンチも大騒ぎです。

 ここで相手は9番バッターに代えて、代打を送ってきました。見るからに力のあるバッターで、多分“守備は上手じゃないからスタメンではないけど、バッティングは一発大きいのがある”タイプです。問題は、ここで捕手は“どう考える”かです。

 2・3塁なので歩かせて「満塁策」という選択肢もあるでしょう。でも、1番に回るから「このバッターで勝負」ということも考えてもおかしくありません。・・・ここで、捕手は冷静にならなければいけないのです。

 ベンチで見ていた私は、こういう場面でも捕手に指示することは殆どしません。他のコーチも同じです。ここで私が考えたのは、「代打への1球目の入り方の鉄則 ― ど真ん中の遅いカーブでカウントをとる」です。もちろん、投げている投手のタイプにもよりますが、打つ気満々で出てきたバッターの気を削ぎます(もっとも、通用するのは高校野球地方大会レベルまでですが・・・)。

 ここで捕手のYR君、私の考えたとおりの「ど真ん中カーブ」を投げさせ、見逃しストライクです。2球目も調子に乗ってカーブを投げさせ、今度はボールになる球を空振りストライク。もう、「勝負あり」ですね。3球目は内角高めに外し、4球目は外角のストレート、ボール球を振らせて見事三振、ゲームセット!投げたストライクは初球のみ、見事なリードでした。

 試合後にYR君に聞いたところ、「四球を出してもOKだったので気楽にサインを出せた。本当は初球もボール気味を要求した」そうです。ちょっと私の考えたのとは違いましたが、ちゃんと彼なりに考えていたので「合格」です。

 でも、YR君もまだ間違えることが多いのです。違う試合で、2-0で負けていて中盤、同じく2死2・3塁の場面でショートをランナー牽制をさせないで、深めに守らせたことがありました。2アウトだから単純に“バッター勝負”だと考えたそうです。中学軟式くらいでは、普通の外野正面のヒットではなかなか2塁ランナーがホームインできませんが、2塁ランナーが牽制ノーマークでスタート切られると、さすがにワンヒットでホームインしてしまいます。ここは、たとえヒット打たれても2点目はやってはいけない場面でしたから、ちゃんとランナー牽制しなければいけません。

 うちのチームでは、こういった守りの指示はすべて捕手に権限と責任があります。ベンチからは、その場で指示することは殆どありません。

 ですから、私は捕手になる子には常々口を酸っぱくして言って聞かせています、「熱いふりをして、常に冷静になれ!」と。点差、試合の流れ、バッターのしぐさ、前の打席での打球、審判のクセ・・・試合中は頭をフル回転させろ。それに加えて一番大事なことは、味方の投手のことです。その日はどの球で一番ストライクがとれるのか、今日は内角のコントロールはいいのか、外角はよく決まるか、序盤に力が入りすぎていないか、力が入りすぎて抜け気味のストレートが多いときはどうやって修正させるのか、投手はどの球を投げたがっているのか・・・

 我がチームの捕手は大変ですけど、捕手の子は必ず高校行っても野球を続けます。野球は面白いと感じ、中学でやり残したことを高校にいってやろうとするからでしょうか?

banner

“一球入魂”お願いします

|

« メジャーリーグ・マニア | トップページ | 強い!阪神 »

コメント

 う~ん、中学の野球はやっぱりレベルが高いなぁ。うちの中学部も教えているのかなぁ?
 外野一筋だった長男の口から、守備の事や「配球の読み」のような、小学の野球とは違うハイレベルな話を聞いたことがありません。
 ガキんちょ相手の方が向いているかな。。。

投稿: フルコーチ | 2005年9月29日 (木) 11時54分

ここまでチームから任せてくれると楽しいでしょうね。
私の中学時代は先生が、右手パーならカーブ、グーはストレート、捕手は捕って返すだけ、つまらなかったなぁ~

YR君も試合後、少年野球コーチさんとの
答え合わせ?
これが楽しいのでしょうね^^

投稿: metoo | 2005年9月29日 (木) 12時54分

少年野球コーチさん、こんにちは。

これだけキャッチャーが考えさせられるとピッチャーも考えるでしょうね。

春が楽しみですね。

投稿: リベラ | 2005年9月29日 (木) 13時03分

★フルコーチさん、こんにちは。

中学でもまちまちですよ。うちのリーグの某軍隊式チームでも、捕手は“怒られ役”で一番“きつい”ポジションですけど、ただ投手の球を受けているだけの捕手のチームもあります。
中学生で極端に「配球を読む」ことまでは必要ないと思いますが、「この投手の初球は、カーブが多い」、「セットではカーブが少なくなる」、「カーブが外れたら次の球はストレートを狙え」とか狙い球のアドバイスはしてあげます。クリーンアップ打つような子は、勝手にヤマ張って打ってますよ。

投稿: 少年野球コーチ | 2005年9月29日 (木) 14時29分

★metooさん、こんにちは。

捕手は一番楽しいポジションだと思っています。もちろん、怒られる事も多いのですけど、他人には分からない密かな楽しみ(?)もありますから。
YR君の答え合わせは、最近結構いい成績です。実は、本文でも書いた負けていて2・3塁の場面で、バッターのカウントが2-3になったのですが、YR君が出したサインは一番ストライクの入る確率が低いスライダーでした。確かに、次打者を考えると歩かせてもいい場面でしたが、見事見逃し三振。中学2年生レベルでは、フルカウントからカーブはあまり投げませんから、打者は思わず見逃しちゃいました。ベンチで思いっきり褒めてあげました。

投稿: 少年野球コーチ | 2005年9月29日 (木) 14時40分

★リベラさん、こんにちは。

私もそう思うんですが・・・
いいんだか悪いんだかわかりませんが、うちのエース君は“何にも考えないタイプ”なんです。喜怒哀楽もあまり表しませんし、ひょうひょうと投げるタイプです。・・・意外と投手向きなんですかね?

投稿: 少年野球コーチ | 2005年9月29日 (木) 14時44分

フルコーチさんはじめて書き込みさせていただきます。
ドラ夫さんのところにはよくお邪魔させていただいてます。

私の子供は小5ですが、今回のブログの内容、ポジションが同じ子供さんの話なので大変興味深かったです。
本人は、キャッチャーのポジションは一番やりたくなかった場所らしい(一番怒られるポジションと感じているようです)ですが、早く野球を覚える意味では大変役に立ったと思っています。

他の日の書き込みも見させて戴きました。とっても良いチームですね。こんな指導者に教えてもらえるのだったら、子供達もホント楽しく野球をする事ができるな~と感じました。

また、お邪魔させて下さい。


投稿: ハッシー | 2005年9月29日 (木) 14時57分

ハッシーさん!
こっちは少年野球コーチさんですって!
フルコーチさんはあっちのブログですって!
でも最初のつかみはOK^^
楽しみましょう!ってなんで私が^^);

投稿: metoo | 2005年9月29日 (木) 15時43分

お許し下さ~い!しっかり題名にも「少年野球コーチの・・」って書いてありますのに・・・。そそっかしくてごめんなさい。

投稿: ハッシー | 2005年9月29日 (木) 15時53分

いやぁ 参考になりました!
うちの息子がこの域に達するには、相当の鍛錬が必要でしょう(^^;
捕手というのは、遣り甲斐と困難が同居しているポジションでしょうね。
ツボにはまると楽しくて仕方がないでしょうし、落ち込みだすとキリがないかもしれませんし。
盗塁を刺す、あるいはインサイドワーク等は反復練習で補えますが、配球等の頭脳部分は、経験を積むのと研究心がないと務まりませんね。
うちも頑張って取り組んでますよ^^

投稿: ドラ夫 | 2005年9月29日 (木) 19時22分

ハッシーさん、ドンマイ。
わたしも一緒です。
先日、さとるさんとこで、「metooさん」 てやっちゃいました。
私らみたいに天然で笑いを取るのを みんなおおらかに受け止めてくれますよ。ね、コーチ。(これだと間違いない。)

投稿: Skyboys広報 | 2005年9月29日 (木) 21時49分

★ハッシーさん、はじめまして。

昔の少年野球では一番人気がないポジションでしたけど、古田以来結構人気あるんじゃないかと思っていましたが・・・。でも、絶対オススメですよキャッチャーは。上に行けば行くほど、面白さがますと思いますよ。

名前、お気になさらずに・・・。私の方は「変な名前じゃないの方のコーチ」って覚えて下さいね。(一部の方しか分からない?)
またまた、是非覗いて下さい!

投稿: 少年野球コーチ | 2005年9月30日 (金) 06時58分

★ドラ夫さん、ありがとうございます。

うちの息子も捕手をやっていますが、試合で何かあると、落ち込むというか機嫌が悪くなったら手がつけられないほどです(笑)逆に、例えば思い通り併殺取れた時とかなんかは、うるさい位に説明します。わかりやすい奴です。

投稿: 少年野球コーチ | 2005年9月30日 (金) 07時04分

★Skyboys広報さん、フォローありがとうございます。

「少年野球コーチ」って、何のひねりもなくて面白みがない名前なんで・・・どうしてこんなHNにしちゃったんだろ?リベラさんに対抗して、「ムッシーナ」にでも変えっよかな?

投稿: 少年野球コーチ | 2005年9月30日 (金) 07時14分

今回の記事も参考になりました。

うちの長男の中学チームの捕手君は小学校時代に野球をしていなかんたんですが,頑張ってやっています。一生懸命なのですが,見ているとリズムがあまり良くないのです。捕球して投手に球を返すリズムです。ピンチになればなるほど自分がボールを持っていてなかなか投手に返さない。投手はボールを速く持ちたい,と聞いた事があります。でも声も出るしこれからに期待したいです。彼もまた捕手の面白さを段々と感じているのかな,と思います。

投稿: さんま | 2005年9月30日 (金) 08時58分

さんまさんの所の捕手もリズムがあまり良くないのですか。
我が子も時々試合の時、指導者にリズムの事を言われます。
1年前から見たら、比べ物にならない程成長しましたが、
まだまだですね~。

ある、練習試合でピッチャーのコントロールが最悪の時が
あったのですが、さすがに最後の方はやけにピッチャーへの
返球も早いし、球の速度もピッチャーの投球より早いんじゃない?あんた、怒ってる?みたいな状態の時がありました。

終ってから、どんな時も怒っちゃダメ!冷静に!
どうしたらピッチャーにストライクを投げさせられるのか
考えなきゃと注意したのですが、丁度良いテーマだったので
息子にこのブログ見せました。反応は、ふ~ん。だけでしたが
、心の成長もまだまだ発展途上ですね。

内容とは関係ありませんが、少年野球コーチさんに質問です。

ティーバッティングの時、後からボールを投げるのには、どんな意味があるのですか?
教えて下さい。宜しくお願いいたします。


投稿: ハッシー | 2005年9月30日 (金) 10時35分

★さんまさん、ありがとうございます。

これからどんどん野球を覚えていくのが楽しみですね。あまり最近子ども達はプロ野球中継見ないようですが、江川さんの解説なんか聞いていると勉強になります。今シーズンは終わっちゃいましたが、「Sportsうるぐす」の“江川なひと”というコーナーもいいですよね。

投稿: 少年野球コーチ | 2005年9月30日 (金) 12時04分

★ハッシーさん、こんにちは。

反応が「ふ~ん」だけは、ちょっと寂しかったですが、小学校のころは、やれリードだ配球だなんて必要ないですから仕方がないですね。
でも、投手に対して怒るのもたまにはいいかもしれませんが、ストライクが入んないときに怒るのは厳禁です。声をかけるとか、大きく構えてあげるとかするのも多少は有効でしょうが、多分何やってもダメでしょうから、笑顔でボールを返してあげて下さい。(中学生くらいなら、いろいろ矯正のアドバイスができる捕手はいるかもしれませんが・・・、ストライク入らない投手を出したベンチの責任ですね)
でも、明らかに置きにいくような(気が入っていない)ボールを投げた時には、全力で球を返して怒ってもいいんじゃないですか?

後ろからのティー打撃ですが、①ちゃんとミートしなければ前に飛ばない②スイングの方向とトスの方向が同じなので、バットをこねるクセがある子は矯正になる③フォロースルーを大きくする練習 こんな理由かと思います。
因みにうちでは、詰まってもいいからボールを引き付けて打つということを徹底しています(「前で打て」は厳禁!)。体が前に突っ込むクセもつきそうで、このティー打撃は取り入れていません。

投稿: 少年野球コーチ | 2005年9月30日 (金) 12時27分

キャッチャーは「奥」が深いから・・・
長男の脳みそでついていけるのか・・・親としては一抹の不安が拭えません。
でも「今日は構えたところより外にくるからちょっと中に構える」とかはやっているようです。
他には「ゆっくりとした牽制球」「ビシっとした牽制球」のサインを長男が出しているようです。
小4のガキにもう私は指導できません。さびしいかぎりですが・・・

投稿: さとる | 2005年9月30日 (金) 12時57分

カーブが得意な少年野球コーチさんなら
「ナックルカーブのマイク・ムシーナ」はいいんじゃないですか?

投稿: リベラ | 2005年9月30日 (金) 12時59分

★さとるさん、こんにちは。

>「今日は構えたところより外にくるからちょっと中に構える」
>「ゆっくりとした牽制球」「ビシっとした牽制球」のサイン

小4でこれだけできるのは凄いですよ。「ゆっくりとした牽制球」をちゃんと意味があって使っているんだったら、これはスゴイ!もう「生涯一捕手」決まりですね!

投稿: 少年野球コーチ | 2005年9月30日 (金) 13時34分

★リベラさん、これはどうですか?

「ウェイクフィールドの魔球ナックル」・・・ちょっと地味ですか?それとも、「シンゴのシンカー」?

投稿: 少年野球コーチ | 2005年9月30日 (金) 13時41分

まめに声かけはしていますが、そう言えば笑顔が足りませんね。「楽に」って言いながら、むっつりした顔じゃ、言ってる事と表情があまりにも違いすぎますね。なんか、型通りだと感じてはいたのですが、今回、いい事を教えて戴きました。高校野球とかでも捕手はよく笑っていますものね。
その笑顔が安心感につながりますね。

最近後ろから投げる方法も試す様になったのですが、打てない時は大抵身体が前に突っ込んでいるので、今まで通りにもどそうと思います。丁寧に教えて下さってありがとうございました。
さすが、名コーチ!!

投稿: ハッシー | 2005年9月30日 (金) 14時01分

★ハッシーさん、お尻がムズムズしちゃいますから・・・

息子さんが(それともハッシーさんが?)頑張っている様子がよくわかります。これからも頑張って下さいね!

PS)私に投手のことは聞かないで下さいね!

投稿: 少年野球コーチ | 2005年9月30日 (金) 14時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118697/6168511

この記事へのトラックバック一覧です: 中学軟式野球の“捕手論”:

« メジャーリーグ・マニア | トップページ | 強い!阪神 »