« 堀内監督とトーリ監督 | トップページ | やればできるのに・・・、「親バカ」ですいません »

2005年10月 7日 (金)

主将の守備位置

 私の現役時代の「ベストゲーム」は、大学4年最後の大会の優勝決定戦です。大学野球と言っても地方リーグですし、一応「大学選手権」までの道はありましたが、実はその下部リーグでの試合です。

 日程の都合上、リーグ戦で同率で並んだ3校が1日で“ともえ戦”を行い、優勝校を決めることになりました。くじ引きの結果、我が校は第1戦、第2戦を戦うことになり、連勝すれば優勝という状況です。

 第1戦は“本割”で負けている相手でしたが、我が校のエースが素晴らしいピッチングを見せ1-0でまず1勝をあげました。続く2戦目は、前日にやはり1-0でかろうじて勝った相手でしたが、その試合を投げた2年生投手が激闘が祟ったのか、試合後に故障してしまい登板できません。したがって、3番手投手の4年生が先発しました。

 先発した彼は、それまであまりいい成績を残していなかったのですが、やはり最後の登板になるかもしれないという気持があったのか、8回まで完封の好投を見せました。攻撃は相変わらずの貧打で、初回にポテンヒットであげた1点のみです。・・・そうなんです、このまま勝てば3試合続けての「1-0」というスコアということになるのです。

 そして、優勝がかかった最終回、好投を続けてきた投手にも疲れが見えたのと、プレッシャーからなのか、ノーアウト1・2塁のピンチとなってしまいました。

 私はこのチームでキャプテンだったので、このピンチは当然マウンドに言って「一呼吸」入れる場面なのですが・・・、実は私の守備位置は「センター」だったのです。ですから、キャプテンと言ってもこうしたピンチにマウンドまで行くことは、それまでは全くありませんでした。

 しかし、この場面ではそうは言ってはいられません。私は2塁塁審にタイムをとり、マウンドまで駆けつけました。マウンドまで走っていく間、私は「何てアドバイスしようかなぁ?」などとは全く考えず、「それにしても、無茶苦茶面白い試合だなぁ~」と殆ど他人事でした。何故か監督はマウンドまで来る気配はありませんので、「オレ達だけで勝手にやっちゃおう」と思いました。

 マウンドに内野とバッテリーが集まって、みんな青い顔をしていたのですが・・・、私の第一声は「ピックオフしよ~ぜ」・・・だったらしい。“だったらしい”と言うのは、本当は私が想定した守備は、相手は当然送りバントですから、「3塁手ダッシュしバント処理、ショートが3塁に入ってフォースアウト」でしたが・・・、それって「ピックオフ」じゃないじゃん。

 そんな事も気がつかず、守備位置のセンターへ戻った私は、完全に観客気分で次のプレーを見守っていたのですが・・・、ショートの動きにつられて出た2塁ランナーが、捕手からの送球で見事刺され、見事ピックオフがきまったのでした。・・・おいおい、オレが言ったプレーと違うじゃん!とその時は思っていたのですが、後からみんなに聞くと確かに私は「ピックオフ」って言ったのだそうです。

 その後もピンチが続き、最終的には「2アウト満塁、一打サヨナラ負け」という場面までいきました。最後のバッターの打球は、センターフライだっのでウイニング・ボールは私のグラブに収まったのですが、何でもない凡フライがなかなか落ちてこなかったのを、その日の空模様とともに未だに記憶しています。

 この時初めてキャプテンとしてマウンドまで行ったのですが、「キャプテンでセンター」はやはり辛いですよね。

banner

“一球入魂”お願いします

|

« 堀内監督とトーリ監督 | トップページ | やればできるのに・・・、「親バカ」ですいません »

コメント

ナイスアシストでしたね^^
ピンチになると、バッテリーもそうですが、内野も緊張してしまい、冷静になれない時があると思います。
案外、外野手のほうがクールな時もあるかもしれませんね。
主将の件ですが、子供の野球ですとやはり内野の子が主将を務めるのが多いですね。

投稿: ドラ夫 | 2005年10月 7日 (金) 12時07分

何か忘れられない、思い出のシーンってありますよね~。

その瞬間の出来事が残ってるんですよね。

それにしても無意識下でのアドバイスさすがです!

投稿: リベラ | 2005年10月 7日 (金) 14時02分

ピンチの一言・・・重要ですね。
センターからマウンドへ向かうキャプテンの姿。チームのピンチを救う使者って感じですね。
あ~我が長男のチームにこんなにカッチョいい「キャブテン」の資質を持つ子がいれば・・・(今はエース=キャプテンなのでなかなか・・・)

投稿: さとる | 2005年10月 7日 (金) 14時32分

良い思い出ですね~
 私は見逃し三振だなぁ~

ところで
ウィニングボールをポケットにしまい込んで、
しっかり自分の部屋に飾ってませんか?
そんな事キャプテンが
やっていい事なのか?悪い事なのか?

いいんです!私もやっちゃいます^^

投稿: metoo | 2005年10月 7日 (金) 14時59分

★ドラ夫さん、ありがとうございます。

なるほど、「外野のほうがクール」ってことあるかもしれませんね。
外野って寂しいですからねぇ~。私なんか、「バカ、何やってんだよ」とか結構独り言ったりしてましたもんね。

投稿: 少年野球コーチ | 2005年10月 8日 (土) 05時42分

★リベラさん、ありがとうございます。

この試合と、高2の夏の公式戦で初めて打点をあげて、それが決勝点になった試合だけは鮮明に覚えています。
もちろん、HR打った時なども覚えていますが、試合展開なんかはすっかりぶっ飛んでいます。満塁で見逃し三振なんていうのも、最後の1球がまだ夢に出てきます。

投稿: 少年野球コーチ | 2005年10月 8日 (土) 05時48分

★さとるさん、ありがとうございます。

そんな「カッチョいい」なんてもんじゃありませんて。
「エースがキャプテン」っていうケースは、うちでも以前ありました。でも、その子は結局キャプテンらしい仕事することはなかったですね。やはり、理想は「捕手=キャプテン」なんだと思います。

投稿: 少年野球コーチ | 2005年10月 8日 (土) 06時01分

★metooさん、ありがとうございます。

うちの息子と一緒だぁ!
息子は捕手だったので、ウイニングボール捕る確率が高く、最後の大会に優勝したとき“ポケットにしまって”から、投手に抱きつきにいってました。巨人の村田捕手を真似たのかな?今でも、息子の部屋に飾ってあります。

投稿: 少年野球コーチ | 2005年10月 8日 (土) 06時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118697/6289158

この記事へのトラックバック一覧です: 主将の守備位置:

« 堀内監督とトーリ監督 | トップページ | やればできるのに・・・、「親バカ」ですいません »