« 「賢い」のか?「アンフェア」なのか? | トップページ | 単なる食べ過ぎじゃん! »

2009年10月20日 (火)

究極の隠し球

 昨日、タッチアップで3塁手がランナーの視線を隠すというプレーのことを書きましたが、なんのなんの、もっと凄い“トリック・プレー”があるのです。
 
 佐山和夫さんが書かれた「大リーグが危ない」の中に紹介されているのですが(元は「野球、この美しきもの。」かな?)、アメリカの大学野球ワールドシリーズのディビジョン・シリーズで実際にあったプレーです。
 

 
 ランナーは1塁
 
 ピッチャーがセットポジションから1塁に牽制球を投げたのですが、1塁手は大きくジャンプ。
 
 おっ暴投だ!

 ランナーはファールグランドを見ると、ボールが転がっています。そこにで投球練習をしていた控え投手と捕手も、左右に別れてボールから逃れます。当然、ランナーは2塁に向かって走ります。
 
 ところが、ランナーは2塁ベース上であっさりアウト
 
 はぁ?
 
 実は、投手は1塁に牽制していなかったんです。
 ファールグランドに転がっていたボールは、投球練習していた控え選手が、ピッチャーの牽制の動きに合わせて、あらかじめ転がしていたものだったんです。
 
 なので、本当の試合球はまだピッチャーのグラブの中ってわけでした。
 
 にわかには信じられないプレーですけど、本当にあった話として紹介されていました。
 
 でも、これは、かなりの練習と“演技力”が要求されますねぇ~
 
 
 と言うか、「隠し玉」もここまでいくと酷過ぎですネ。
 こんなチーム、もう野球やる資格ナシでしょ
 
 
 あれ?でも、アメリカのスポーツ選手って、日本人よりもフェアプレーを重んじるんじゃなかったっけ?
 
 -------------
 
 Today's Weight! 73.6kg
 
 -0.8kg!
 

|

« 「賢い」のか?「アンフェア」なのか? | トップページ | 単なる食べ過ぎじゃん! »

コメント

観客の反応がどうだったのか気になるところです。ガッツポーズなんかして盛り上がってたらちょっと嫌ですが・・・。

って、何気に減量、、、いけてますね(・∀・)イイ!

投稿: ポップ | 2009年10月20日 (火) 07時26分

昨日の話も今日の話も、引っかかったら超頭にくるだろうな~。

減量、今の所順調そうですね。

投稿: ハッシー | 2009年10月20日 (火) 09時47分

う~ん・・・さすがにこれはナシですよね><

その前のタッチアップの事例も、どちらかというとナシかなと。
ガチンコで勝負。これが1番です(^^)

減量されてるんですね(^^)順調のようですね。
毎日体重計に乗るだけでも効果があるみたいですからね・・・頑張って下さい^^

投稿: 茶髪コーチ | 2009年10月20日 (火) 15時02分

これはダメでしょ!
グランド外の選手まで”プレー”しちゃってますから・・・まぁ、本人達は「偶然だ」と言い張るんでしょうけどねぇ。。。

アメリカは、フェアプレーの国かもしれませんが、それ以上に、演劇の国なのでしょう・・・

投稿: PAT | 2009年10月20日 (火) 23時59分

アメリカって報復が好きな国というイメージが私はありますが、違った形でやり返されそうなプレーですね。

投稿: metoo | 2009年10月21日 (水) 00時48分

★ポップさん、ありがとうございます。

観客はどうだったんでしょうかね?私もすごく興味があります。

減量ですか?
ちょっと楽しくなってきました。

投稿: 少年野球コーチ | 2009年10月21日 (水) 05時35分

★ハッシーさん、ありがとうございます。

野球って、こんな派手なトリックじゃなくっても、スクイズ決められても頭にきますよね。
私なんか、盗塁されただけでも血圧が上がります。(笑)

投稿: 少年野球コーチ | 2009年10月21日 (水) 05時37分

★茶髪コーチさん、ありがとうございます。

さすがにこれはナシでしょうけど、これを一生懸命練習しているのを想像すると、滑稽です。
「他にもっと練習することあるだろ!」ってネ

投稿: 少年野球コーチ | 2009年10月21日 (水) 05時40分

★PATさん、ありがとうございます。

>グランド外の選手まで”プレー”しちゃってますから・・・
上手いこと言いますね
「Play」って「演じる」とも訳せますから、まさに「野球を演技している」わけですね。

投稿: 少年野球コーチ | 2009年10月21日 (水) 05時44分

★metooさん、ありがとうございます。

そうですね。
これはどんな仕返しがされたんだろ?

一方で、アメリカは、見事に引っ掛かった場合には相手を敬うようなこともあります。「隠し玉」などはその例です。
でも、やっぱりこのプレーは「やり過ぎ」でしょうけど・・・

投稿: 少年野球コーチ | 2009年10月21日 (水) 05時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118697/46529542

この記事へのトラックバック一覧です: 究極の隠し球:

« 「賢い」のか?「アンフェア」なのか? | トップページ | 単なる食べ過ぎじゃん! »