« 学童野球のトリックプレイは是か非か? | トップページ | これじゃ損するじゃん »

2011年9月 6日 (火)

アメリカの野球はフェアプレー?

 昨日、トリックプレーのことを書きましたが、では、何よりもフェアプレーの精神を重んじるアメリカの野球ではこんな“姑息”なプレーはしないのか?
 
 いえいえ、そんなことはありません。こんな酷いプレーもあるんです。
 

 以前もご紹介したことがあるので、覚えている方もいらっしゃるかもしれませんが、アメリカの大学野球ワールドシリーズのディビジョン・シリーズで実際にあったプレーです。
 
----------------

 ランナーは1塁
 
 ピッチャーがセットポジションから1塁に牽制球を投げたのですが、1塁手は大きくジャンプ。
 
 おっ暴投だ!

 ランナーはファールグランドを見ると、ボールが転がっています。そこにで投球練習をしていた控え投手と捕手も、左右に別れてボールから逃れます。当然、ランナーは2塁に向かって走ります。
 
 ところが、ランナーは2塁ベース上であっさりアウト
 
 はぁ?
 
 実は、投手は1塁に牽制していなかったんです。
 ファールグランドに転がっていたボールは、投球練習していた控え選手が、ピッチャーの牽制の動きに合わせて、あらかじめ転がしていたものだったんです。
 
 なので、本当の試合球はまだピッチャーのグラブの中ってわけでした。
----------------
 
 ここまでいくと、呆れてしまいますネ

|

« 学童野球のトリックプレイは是か非か? | トップページ | これじゃ損するじゃん »

コメント

控え選手までも参加?!
ボールを転がすタイミングまで練習していたってことでしょうか・・・
そんな練習に時間を費やすなら、正攻法で勝てるように練習しろよ!って言いたくなります。
ホント、呆れるしかありませんね。

投稿: PAT | 2011年9月 6日 (火) 21時47分

★PATさん、ありがとうございます。

さすがにこれは呆れますネ
フェアプレーを重んじるアメリカでも、たまにはこうしたとんでもない指導者がいるんですネ。

投稿: 少年野球コーチ | 2011年9月10日 (土) 06時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118697/52659859

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの野球はフェアプレー?:

« 学童野球のトリックプレイは是か非か? | トップページ | これじゃ損するじゃん »