« 固く握手 | トップページ | 投手目線 »

2014年2月 2日 (日)

自分の身体を思ったように動かす

 筋トレを始めた頃、トレーナーの方から

 「マシンを上手く使いこなせず、なかなか効果を出せていない」
 
 と言われたことがあります。
 
 「日頃あまり使ってない筋肉なので、まだ脳と筋肉との間の神経経路が鈍感なので正しい動きが出来ていない」
 
 みたいな説明がありました。
 
 

Haikin

 私が不得意な背筋のマシーンでは、自分では正確にやっているつもりなのですが、確かに上手く背筋に負荷をかけられずにいました。何度も何度も正しいフォームを教えてもらい、やっと負荷を実感したのですが、これは「脳と筋肉の間の神経」が上手く機能し始めた結果なんだそうです。
 
 
 
 本当にそうなのかなぁ~
 
 とも思いますが、以前イチローがテレビでサラッと言い放った台詞を思い出しました。
 
 
 「僕の身体って、わりと神経が行き届いた状態にあるので、やっぱ何でも、頭でイメージしたことを表現しやすい身体になっているんですよ。それはもう、僕の大きな武器ですから。」
 
(1:14から)
 
 
 どうしてこんなことを今さら書くかというと、「笑っていいとも」で武井壮さんが語った“スポーツが上手になるコツ”が話題になっていたので・・・
 
 
 もし動画が見られない場合は、こちらの書き起こしbot「ログミーくん」でどうぞ
 
 
 それでも、ダメな場合には
 
 
 
 
 じゃぁ、どうやったらこの「コツ」をマスターできるのか?
 
 もう少し勉強してみます。

|

« 固く握手 | トップページ | 投手目線 »

コメント

動画ありがとうございます。
まさにこれなんです!

今まで通りの自主練習を続けて行きます。

投稿: Jay | 2014年2月 2日 (日) 14時33分

これ見てました。
もっと詳しく知りたいと思っていたので、
よろしくお願いします。

今日のヤクルト野球教室でも同じ様な事を言ってました。

投稿: 穴金空歩人 | 2014年2月 2日 (日) 20時36分

これって・・・お笑い番組で、何気に、スゴイことを言ってますよね。

脳と筋肉の間の神経なんて考えたこともありませんでしたが、地道に努力を続けてるのになかなか結果が出ないっていう選手は、この部分を鍛えることを考えれば結果が出るかも知れないっていうことですよね。
色んな競技で、今後、練習方法が変わっていくことに繋がるような大きなお話だったのかも。

投稿: PAT | 2014年2月 2日 (日) 22時21分

★Jayさん、ありがとうございます。

今の子って、自分の部屋にダルビッシュとか田中のピッチングフォームとか、打者ならおかわりくん(私の好み)のバッティングフォームのポスター貼ってないのかなぁ~?
あれを四六時中頭に染み込ませるのも効果ありだと思うのですが・・・

投稿: 少年野球コーチ | 2014年2月 3日 (月) 06時24分

★穴金さん、ありがとうございます。

この話、私も何時からか気になっていたのですが、r人から、「これが運動神経そのもの」だと言われ、変に納得してしまったことがあります。
もちろん天性もあるでしょうけど、なんらか上達の道はあると思います。

投稿: 少年野球コーチ | 2014年2月 3日 (月) 06時28分

★PATさん、ありがとうございます。

> 色んな競技で、今後、練習方法が変わっていくことに繋がる
そもそもイチローって、人とは違ったトレーニングをしていますもんね。(今ではヤンキース全体でも取り入れているそうですが)
色んなことを疑って、色々試すことはいいことですね。Jayさんちのアタルくんみたいに、まずは「ものまね」がよさそうです。

投稿: 少年野球コーチ | 2014年2月 3日 (月) 06時31分

子供が幼稚園、小学校時代「今の子は昔と比べて(自分の時代なので30年位前)手足を動かす脳からの指令が行き届いていないな~」と感じていました。

筋肉と脳の繋がりも同じ感じなのでしょうか。
脳との関連性があるなら、トレーニングすることで身に付くはずですよね。

この能力は持って生まれたものも大きいですよね。
コメントに書いていらっしゃいましたが、まさに運動神経のことです。

でも、小さいころ2・3歳頃に全身運動をすることで随分成長する部分のような気がします。

例えばマット運動(昔なら布団の上でゴロゴロしたり)、ぶらんこをこぐとか、ボール遊び、そんな遊びの中で成長するもののような気がします。
体をこんな風に動かすと、こんな結果が出るということを繰り返し経験することで無意識に伸びる能力なのかもしれません。

あとは目からの情報を空想する力。
それを実行してみようとする行動力というイメージです。

矛盾しているようですが、それはもって生まれたものに大きく左右されていて、持っている子はトレーニングで大きく成長すると思います。
持っていなかったら、それを得るには相当の努力が必要になるのだろうと。
でも脳に不可能はないと思っているので、努力すれば手に入れられるものなのでしょうね。

最終的には努力できるかどうか、が大きいのかもしれません。
長くなってしまいました…

投稿: アプリコット | 2014年2月 3日 (月) 13時37分

★アプリコットさん、ありがとうございます。

> 体をこんな風に動かすと、こんな結果が出るということを繰り返し経験することで無意識に伸びる能力なのかもしれません。

先天的な能力という側面が大きいような気もしますが、やはりある程度は後天的に身に付くものなんだと思います。仰る通り、神経系統が発達段階の子どもの頃に外で駆けずり回ることはかなり大切なことだと思います。
じゃぁ、うちの中学生はもう絶望的なのか?ってことなんですけど、そんなことはないでしょう。
頑張ってみます。

投稿: 少年野球コーチ | 2014年2月 4日 (火) 05時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118697/59054398

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の身体を思ったように動かす:

« 固く握手 | トップページ | 投手目線 »