« まだ子ども | トップページ | 猛暑の中 »

2015年7月31日 (金)

主審はコンピュータ

Jgfepjpe

 あんまり話題になっていないようですが・・・

 28日、アメリカ独立リーグ パシフィック・アソシエーションリーグのサンラファエル・パシフィック vs ヴァレーホ・アドミラルズの試合でコンピューターが主審を務めました。

 Historic Night for San Rafael Finishes With a Win
 

 

Ahrharpih

 
 主審としてストライク・ボールを判定したのはスポーツビジョン社の球速測定システムPITCHf/x。メジャーの球場すべてに設置しているので、TV中継で見たことのある人も多いはずです。その画面に表示された判定を人間が監視し、グラウンド上の選手たちに伝えると言うスタイルだったそうです。
 
 

 これが野球の未来!米独立リーグでコンピューターが投球判定(Sponichi Annex)

 
 
 パシフィックのHPによると、この試みは「大成功」だったようですが、人間が主審のときのストライクゾーンとの違いみたいな具体的なことは不明です。でも、アウト・セーフの判定のみビデオ判定が許されているメジャーですけど、そのうちPITCHf/xが主審を務める日も近いかもしれません。
 
 そして、メジャーの球団は秘密裏のうちにハッキングのプロを雇って、自軍に有利な判定をするようにプログラムを改ざんしたりして。(笑)
 
 

|

« まだ子ども | トップページ | 猛暑の中 »

コメント

1試合の中で判定がばらつく(特に、チームによって差がある)のは、ご勘弁願いたいですが、球審個々の特徴というか“味”の部分がなくなってしまっては、野球の面白さも減っちゃうような気がします。
それに、試合毎に、その日の球審の癖を見抜きつつ、投球していくのも投手の技術というか面白さの1つだと思うんですけどねぇ。

ということで・・・不満なときもありますが、やっぱり人間に判定してほしいです。

投稿: PAT | 2015年7月31日 (金) 23時28分

★PATさん、ありがとうございます。

ご意見、ごもっとも!
私も賛同します!

でも、きっと世の中的には私たちの意見は段々かき消されていくんでしょうね!?

投稿: 少年野球コーチ | 2015年8月 1日 (土) 16時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118697/61989765

この記事へのトラックバック一覧です: 主審はコンピュータ:

« まだ子ども | トップページ | 猛暑の中 »